水・住まい・環境に取り組む会社です。
住宅・不動産

リフォーム

住まいのリフォーム・メンテナンス

住まいはできるだけ長く使いたいと思うもの…。

しかし月日が経つにつれて建物が傷んできたり、家族の事情で建物の改善が必要になったりと、建物を新築当時のまま使うことは案外難しいことなのです。

弊社では建物を長持ちさせるため、あるいはライフスタイルの変化などに応じて必要になるリフォームやリノベーション、住宅設備の修理や建物のメンテナンスをご提供いたします。

 

どうしてリフォームが必要になるの?

そもそもどうしてリフォームが必要になるのでしょうか?

ある調査によると、実に半数以上の方が「設備の劣化」や「設備のグレードアップ」がリフォームのきっかけであったといいますが、他にも「高齢者が暮らしやすい住まいにしたい」とか「家族人数の変化」「子どもの成長」といった意見は人それぞれ、いえ、むしろ家それぞれなのでしょう。

ここで注意してほしいことは、当たり前のことですが「リフォームの動機は人それぞれ違う」ということです。家を長持ちさせるためであったり、家族のためであったり、そのご家庭ごとに目標は異なる訳ですから、これらを同じ「リフォーム」というジャンルで括ると、目的が不明確になったり、予算をかけた割に満足度が低くなってしまったりということが発生します。

4種類のリフォーム

リフォームは大きく分けて4つの目的があります。

1.メンテナンス

建物のトラブルや劣化を未然に防ぐ、定期的に必要になってくる工事(屋根や外壁の塗装工事など)

2.修理・修繕

給湯器やエアコンの修理・交換、雨漏りの修繕など(原因調査を伴うことの多い)

3.性能維持・向上

使いづらくなった設備や建材などを取り替える工事 (キッチンの入れ替え、二重サッシの取り付け、床の張り替えなど)

4.リノベーション

動線(日常生活で建物内を人が移動する経路)の改善や、ライフスタイルの変更、住み替え(間取り変更を伴う改装や、中古住宅購入時の全面リフォームなど)

これらをすべて「リフォーム」という言葉で括ってしまうと、今、その家に必要なリフォームの目的や優先順位を見失いがちになってしまいます。

何年持つ?何年持たす?

リフォームを検討中の方に、よくこんなことを尋ねられます。

「この家はあと何年持つの?」

「このリフォームであと何年持たせることができるの?」

残念ながらここに大きなリフォームに対する誤解があります。

リフォームはあと何年持たせたいのかによって、工事内容が異なってきます。すなわち「家を何年持たすのか」は施主様が要望の一つとして業者に伝えるべきことです。

  • あと何年この家に住むのか?(自分たちだけなのか?家族は?その後は?)
  • 将来の建て替え、住み替えの予定はあるのか?
  • この家の売却予定、相続予定は?

このようなことが、ご提案するリフォームに大きく影響してくるのです。リフォームの目的と合わせて、今後の住まいの方向性をお聞かせいただくことがリフォーム大成功への第一歩だと私たちは考えます。

※ご相談は、お問い合わせフォームからお願いいたします。

 

リフォームに許認可は必要ない!?

リフォームに関する悪質な訪問販売や詐欺商法などがニュース等で取り上げられることがあります。実に残念な話です。

それらの背景にはリフォームに関連した許可や免許といった建築関連の法令上の課題もあります。

建設業法において、建築一式の工事(家1軒を建てる工事など)は1,500万円未満の工事、その他工事においては500万円未満の工事は、建設業許可の取得が義務付けられていません。

また、一般的なリフォームであれば軽微なものも含めて建築確認申請手続きが不要なものが大半であり、建築士事務所が関わる機会も非常に少ないため、上記のように建設業許可や建築士事務所登録が無いまま、リフォームに携わっている業者も少なからずおり、これが悪質な商法につながる一因とも言われています。

皆様のリフォームにおかれましては、工事依頼予定の業者の「建設業許可」の有無、「建築士事務所登録」の有無を積極的にご確認いただき、法令適合や責任の所在などを明確にしておいてください。

※もちろん弊社は「建設業許可」「建築士事務所登録」、いずれも取得済みです!(詳しくは「会社案内」にて)

省エネ・断熱リフォームを推奨しています

そこで私たちは光熱費を抑えつつ、夏涼しく冬暖かい住まいをご提供するための「省エネ・断熱リフォーム」を推奨しております。

【省エネリフォーム】

  • 省エネ性の高い設備で電気代が削減できる
  • 節水・節湯ができて、水道代、ガス代(電気代)が削減できる

【断熱リフォーム】

  • 冷暖房効率が高くなり、居住性が良くなる(ヒートショックの防止)
  • 結露が減少し、カビ・ダニの発生が抑えられる(健康的な暮らし)
  • 冷暖房、給湯が効率的になり、光熱費が削減できる

現在の住まいが、夏暑い、冬寒いとお悩みの方は、ぜひこちらのフォームからお問い合わせください

 

 

ヒートショックを防ぐ

日本の住宅は寒いとよく言われます。昨今のエネルギー事情もあり、省エネが叫ばれるようになってきており、やはり冷暖房を控えめにしたり、こまめにスイッチのON/OFFをしたりと、どうしても暑い・寒いを我慢するような風潮があります。

ある調査によると、1年間に家庭内で亡くなられる方が全国で推定17,000人ほどいるとされており、これは2015年の交通事故による死亡者数4,117人に対して、4倍以上にもなっています。

出典:東京都健康長寿医療センター研究所(2011年推計値)、警察庁(2015年)

この原因の多くは「ヒートショック」にあるといわれています。

「ヒートショック」とは、急激な温度変化が体に及ぼす影響のこと。急激な温度差によって血圧が上がり脈拍が早くなったり、心臓に負担がかかることを言います。

真冬の冷え込む朝、温かい布団の中から起き上がり、一気に体は冷えます。また、お風呂に入ろうとするときには、暖房の効いた居室から寒い脱衣室、そして冷たい浴室洗い場から40℃前後の湯船へ…、どう考えても体にいい訳がありません。

インナー断熱工法

一般的な断熱リフォームは、家全体の断熱改修工事が必要です。もちろん、家全体を断熱する方がよいこともあるのですが、すべてのご家庭で家全体の断熱が必要とは限りません。

使っていない部屋や、生活動線上影響の少ない部分はそのままにして、必要な部分だけを断熱することで工事費用と工期をカットする「インナー断熱工法」をご提案いたします。

【インナー断熱工法のメリット】

  1. 断熱性が向上し、室内の暑い寒いが一気に軽減します。また冷暖房効率が向上し、光熱費が節減できます。
  2. 必要な部分だけ工事するので、工事費用コストを大幅に抑えることができます。
  3. 非破壊の調査を実施し、できるだけ解体しない工法にすることで、工期が短くなり(最短2週間)、住んだままの施工が可能です(仮住まい費用も削減)。

工期が短く、解体箇所も短いため、工事期間中のストレスが軽減され、コストも抑えられます。

インナー断熱工法について詳しくお聞きになりたい方は、こちらのフォームからお問い合わせください

 

「うちエコ」診断をご利用ください

弊社では省エネや断熱リフォームについていきなりお客様にご提案するのではなく、「うちエコ診断」のご利用をお勧めしております。

「うちエコ診断」とは、環境省の公的資格を持った「うちエコ診断士」による、ご家庭の省エネルギー対策・地球温暖化対策を診断するサービスです。無理なく効果的にエコロジーを実現するための手法を、受診される方の建物の状況や住まい方などをヒアリングし、環境省の専用ソフトを用いて皆様にわかりやすくご紹介いたします。

省エネ設備への買い替えで得になるのか、省エネリフォームが減税や補助金の対象になるのかなど、リフォームをする、しないに関係なく、省エネな暮らし(光熱費の削減)を考えてみたいという方はぜひ「うちエコ診断」をお申し込みください

 

リフォーム相談会を開催しています

弊社では無料リフォーム相談会を開催しています(原則として毎週土曜日、日曜日)。

また、ご希望の方にはお伺いしての建物調査も実施しております。

「これからどういうリフォーム計画を立てたらよいのか?」

「どの部分を優先してリフォームすればよいのか?」

「住まいを売却したいが、リフォームが必要なのか?」など

リフォームのことでご質問がございましたら、ぜひ相談会をご利用ください。

完全予約制となっておりますので、予約フォームよりご予約をお願いいたします。

またメールでのお問い合わせも受け付けておりますので、こちらのフォームからお知らせください。

 

 

1 2 »
PAGETOP
Copyright © 大金興業株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.