現在、弊社で製造している高品質BDFの多くは、自社車両の燃料として使用されています。

軽油を燃焼させると、窒素酸化物(NOx)、硫黄酸化物(SOx)、粒子状物質(PM)といった、環境や健康に害を与える物質が生成されてしまうため(排気ガスで咳き込んだり、目がチカチカするのはこれら物質のせいです)、ディーゼル車には非常に厳しい排気ガス規制が定められており、ディーゼルトラックなどにはディーゼル微粒子捕集装置(DPF、DPRなど)といった、排気ガスを浄化するための機器も搭載されているのです。

そのため、ディーゼル車では軽油を使用していても定期的なオイル交換といった車両メンテナンスが求められていますが、高品質BDFはメンテナンス内容をほぼ変更することなく、また車両や機器を改修することなくそのままご利用になれる上、排気ガスに含まれる有害物質を低減させることが可能で、車両近くを通る方々や運転手の方々の健康リスク低減にも役立ちます。