不特定多数が関わる現場では、衛生管理が特に重要です。

しかしながら、実に多くの現場で誤った消毒・除菌の手法が横行し、その結果、食中毒やレジオネラ症、ノロウイルス感染症などといった菌・ウイルスによる事故が発生しています。

「今まで感染症事故を起こしたことがないから大丈夫」「ここはそんな不衛生なことをしていないから問題ない」と、知識の浅い担当者や責任者の思い込みが、二次被害を引き起こすことも珍しくありません。

私たちはそれぞれの現場リスクを判断し、適材適所の衛生管理をご提案いたします。