次亜塩素酸ソーダ(塩素)と呼ばれる薬剤は、上下水道、プール、浴場施設の殺菌消毒の他にも、リネン・おしぼり業では殺菌漂白といった具合に、我々の生活に広く浸透しています。

皆さんが飲む水道水にも含まれており、非常に馴染みのある薬剤ですが、その一方で「塩素神話」とも言える過信と誤解によって、適切な衛生管理が行われていない現実があるのです。

次亜塩素酸ソーダは価格が安い上、食品添加物としても認められており、医療の現場でも用いられることからなんとなく安心という理由だけで消毒剤・殺菌剤として、その性質が理解されないまま使われているというのが現状です。