「レジオネラ症」という感染症をご存知でしょうか。

レジオネラ属菌という細菌が原因で起こる感染症であり、これまで入浴施設での感染事例がたびたび報告されています。

レジオネラ症の症状としては、高熱や呼吸困難、吐き気、意識障害などが挙げられ、急激に重症化し死亡に至ることもあるのです。レジオネラ症による肺炎は健常者もかかりますが、免疫力の弱った状態の方や高齢者や幼児などは特に感染しやすく、重篤化しやすい傾向にあります。

そもそもレジオネラ属菌は自然界にも存在する菌なのですが、温浴施設に多く見受けられる循環式浴槽・濾過器などがレジオネラ属菌を繁殖させてしまいやすく、このような水あるいは空気中に分散された水の微粒子(エアロゾル)を吸い込むことにより、レジオネラ肺炎が引き起こされています。