公衆浴場等の衛生管理は「公衆浴場における衛生管理要領等の改正について(平成15年2月14日付け健発第0214004号厚生労働省健康局長通知)」において、ろ過器や循環配管、貯湯槽などの衛生管理の強化が求められています。

そしてこの中で、浴槽水の水質については「レジオネラ属菌は検出されないこと(10CFU/100ml未満)」という基準が設定されています。

またレジオネラ属菌の増殖を防ぐために、以下のような管理要点も示されています。

1.循環ろ過装置は、1時間当たりで浴槽の容量以上のろ過能力を有し、かつ、逆洗浄等の適切な方法でろ過器内のごみ、汚泥等を排出することができる構造であるとともに、ろ過器に毛髪等が混入しないようろ過器の前に集毛器(ヘアーキャッチャー)を設けること。

2.ろ過器および循環配管は、1週間に1回以上、ろ過器を十分に逆洗浄して汚濁を排出するとともに、適切な消毒方法で生物膜(バイオフィルム)を除去すること。年に1回程度は循環配管内の生物膜の状況を点検し、生物膜がある場合には、その除去鵜を行うことが望ましいこと。

3.浴槽水の消毒に当たっては、塩素系薬剤を使用し、浴槽水中の遊離残留塩素濃度を頻繁に測定して、通常0.2~0.4mg/Lに保ち、かつ、遊離残留塩素濃度は最大1.0mg/Lを超えないように努めること。

4.原水もしくは原湯の性質その他の条件により塩素系薬剤が使用できない場合、原水もしくは原湯のpHが高く塩素系薬剤の効果が減弱する場合、またはオゾン殺菌等他の消毒方法を使用する場合であって、併せて適切な衛生措置を行うのであれば、塩素系薬剤以外の消毒方法を使用できること。

5.毎日完全に換水して浴槽を清掃すること。ただし、これにより難い場合にあっても、1週間に1回以上完全に換水して浴槽を清掃、消毒すること。

6.管理記録を3年以上保存すること。

…などが挙げられています。