厚生労働省「保育所における感染症対策ガイドライン(平成24年11月改訂)」では施設内外の衛生管理について以下のように示されています(一部抜粋)。

  • 歯ブラシやタオル、コップなどの日用品は個人用とし、貸し借りのないようにする
  • 遊具等の衛生管理(直接口に触れる乳児の遊具は、その都度湯等で洗い流し、干す。また、午前・午後と遊具の交換を行う。その他の遊具は適宜、水(湯)洗いや水(湯)拭きを行う)
  • 砂場の衛生管理(日光消毒、消毒、ゴミや異物の除去等)

保育士など、子どもたちを見守るスタッフが不足している現況で、他にもたくさんの事柄が求められ、どうしても衛生管理まで対応が行き届かない施設も多く見受けられます。