消毒と聞くと、私たちはすぐに「塩素剤」を思い浮かべます。塩素剤はとても優秀な消毒剤であり、私たちの身近なところにも活用され、水道水やプール水の殺菌消毒、リネン・おしぼりの殺菌漂白など、衛生的な生活には必要不可欠なもので、正しく活用すれば菌やウイルスに一定の効果が期待できるものです。

しかし、その「塩素神話」ともいえる安易な安心感が、不適切な衛生管理を引き起こしている原因にもなっています。

塩素薬剤は残効性が弱く、散布したその時は消毒できたとしても、すぐにその効果がなくなってしまいます。また、皮脂や汗などの有機物と結合しやすく消毒効果が著しく低下します。しかも塩素は目や鼻粘膜などへの刺激、そして強烈な臭いがあり、高濃度で塩素薬剤を使うことは現実的ではありません。

つまり、せっかく清掃や消毒作業をしていても、ほとんど(あるいは全く)消毒効果が発揮できていないということが起きているのです。