強烈な刺激と臭いのある高濃度塩素による清掃作業を削減するには、感染者を出さないための対策が必要です。

それには菌やウイルスの感染経路となりやすい主要な部分で、しっかりとブロックすることが非常に有効といえます。

例えば不特定多数の方が触れる「ドアノブ」や「蛇口のハンドル」や、屋外あるいはトイレから菌・ウイルスを持ち込まないための「足下マット」などで対策ができていれば、感染症事故のリスクは大きく減少します。

弊社ではこれらの部位での除菌・除ウイルス対策として、刺激臭や腐食性の少ない、そして安全性の高い薬剤「スパラックス10」をご提案しております。