弊社では、長期優良住宅の省エネ基準はもちろんのこと、ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)基準もクリアした、低燃費の住宅をご提供してまいります。(上記は千葉県の基準)

住まいの省エネ性能を高めるうえで重要なことは、断熱性を高めることです。室内と室外の熱エネルギーの行き来をできるだけ抑えることで、冷暖房効率が高まり、光熱費のかかりにくい低燃費な住宅にすることができます。

この断熱性能を判断するための指標として、UA値(外皮平均熱貫流率)やQ値(熱損失係数)があります。熱の逃げやすさを表しており、数値が小さい方が断熱性に優れた住宅という意味になります。

私たちは、長期優良住宅やZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)の基準を超えた、低燃費の高気密高断熱住宅をご提案してまいります。