2019年6月13日、市原市と市原市環境清掃協同組合との間で、「災害時における仮設トイレのし尿の収集運搬に関する協定」を締結しました。

市原市環境清掃協同組合は、市原市の一般廃棄物(し尿)と浄化槽汚泥の収集運搬を実施している企業の団体であり、かねてより災害時の仮設トイレの重要性や、災害に強い浄化槽の普及に向けて取り組んできていました。

今年度、当組合の代表理事を務めることになった弊社代表(写真右)。緊張した面持ちで調印式に臨みました。

これからも縁の下の力持ちとして、しっかりと皆様のお役に立てるように尽力いたします。