ビルの地下階にある飲食店、厨房、トイレなどでは、下水道管よりも低い位置にあるため、汚水や雑排水を自然流下で排水することができません。これら排水を一時的に槽(ピット)に貯留し、ポンプによって汲み上げて排水する必要があります。

 

この槽(以下「ビルピット」と呼びます)の性質上、排水を放置していると徐々に腐敗し、硫化水素ガス(俗にいう「卵の腐ったようなニオイ」)を発生させます。この硫化水素ガスは悪臭と毒性を伴うため、適切なビルピット管理が求められてきます。

 

そのため、建築物における衛生的環境の確保に関する法律(ビル衛生管理法)において、ビルピットの掃除を6か月に1回以上、定期的に行うこととされており、この際に排出されるビルピット汚泥等については以下のような適正処理が要求されています。

 

し尿を含んでいるビルピット汚泥等

※汚水槽、合併槽(汚水と雑排水が一緒)など

一般廃棄物(し尿)扱い

→ 市町村の一般廃棄物収集運搬許可業者に依頼

し尿を含まないビルピット汚泥等

※雑排水槽、グリース阻集器、オイルトラップなど

産業廃棄物(汚泥)扱い

→ 許可のある産業廃棄物収集運搬業者に依頼

 

上記について正しい知識を持たずに汚泥処理を行っている業者もおりますが、弊社ではビル施設者様のコンプライアンス、廃棄物の適正処理をお手伝いするため、廃棄物処理法等の正しい理解についてお願いしております。

ご不明な点がございましたら、現地調査も行いますのでメールフォームよりお問い合わせください